loading

伊吹山

2019-06-09
写真
標高
1377m
所要時間
往復約6~7時間
難易度
※筆者主観の初心者向け日帰り登山としての難易度、体力的なキツさ、危険度などの総合的な評価です。
YAMAP
特に説明するまでもない、滋賀県最高峰、神話に出てくる山・伊吹山。 えいやと登ってきましたよ!真夜中に。

昨年は思い立って伊吹山に夜間登山したのですが、今回は友達と二人で富士山の予行練習という事で。普通に登ろうかなーとか思ってましたが、日程と天気の関係で夜間に登ることに・・・またかよ。
まぁ、一度夜に登ったノウハウがあるので時間の調整とかは効くかなーとか思ってましたが先に結論を書いておくとまたしても早くつきすぎた・・・薄曇りで星が全然撮影出来ず、その分休憩時間を必要としなかったから、みたいです。

先にも書きましたが今回は富士山の予行練習。なので、不要な荷物も含めてフル装備です。前回も三脚とか持っていきましたが今回はもっと重いはず。身につけるものを除いて、ザックと荷物で大体9kg弱(体重計差分で測定)。
水とか飲み物で4kg、カメラとレンズで1kgちょい、朝ごはん等で0.5kgない程度?総重量で14kgちょいと推定しています。
結果論で行けそうな気もしますが、もうちょい軽量化したいっすねー。

それはさておいて、ログを見返すと前回も今回も23:30頃にスタートしています。
今回は03:30頃、前回は04:00頃に頂上到着。今回は休憩込みで4時間、前回は星空撮影に延べで1時間ほどかけています。差分が30分ですが、荷物の重量と星空撮影の時間を勘案するとほとんど変わらないか、今回の方がちょい早いぐらいですね。一応成長してるっぽいです。

写真

目標は「伊吹山登山口駐車場」。車のナビには入っておらず、スマホのGoogleMapで道案内。若干ややこしい場所ですが・・・そういや、前回よりもGoogleMapのナビの精度が上がっているような気がします。
伊吹山には山小屋がありますが、日中しか営業していません(詳しくは伊吹山ドライブウェイで確認してください)。1合目に旅館があり、そこまたは5合目に自販機がありますが5合目のは特に売り切れの事が多く、基本補給は出来ないと考えておくほうが無難です。今回はトレーニング兼ねて過剰にw水合計3L、ポカリ1Lです。消費は2L程度でしょうか。前回は1.5Lと書いてますが・・・良く持ったな、という印象ですね。。。

写真
一合目で休憩中

登山口・イキナリ山道20分。前日アンド当日朝に雨が降ったのでしょう、道がドロドロで滑る・・・。例によって「何してんだろう」と思わなくはなかったですが、今回はパートナーがいるので。ペースやらなんやら、複数人で行く良し悪しはありますけど精神的には連れがいる方が楽ですねー。また、1合目までの20分は思ったより楽でした。前回は25分かかってるので成長してますな。

1合目からスキー場跡地を登っていきます。急登という程ではないですがそこそこの登り。ここもまた、結構滑る箇所がちょいちょいと。
1合目→3合目までは標準タイムが50分。実際その程度で着きました。3合目看板手前の道に車が止まってましたが・・・なーにしてたんでしょうねー。
看板からちょい行った所にトイレと東屋があるのでそこでちょい休憩。ここまでで晴れてはいましたが薄雲が多く、星空はダメダメでした。

3合目出発した辺りでモヤ・・・というかほとんど霧雨でしたが少し進むと解消しました。
3合目→5合目は20分ちょい。標準30分なんで、ちょい早かな。
5合目でまた一休み。ここで少し星が出てたのでチャレンジしましたが・・・まー、ダメでしたねー。

写真

伊吹山は5合目からが本番。標準タイム1時間となってますが、コレちょっと早くね?と思います。ログ見ると1時間20分くらいですね。合間合間に休憩挟んでます。

写真

6合目手前に避難小屋がありますがコレはスルー。7合目看板から9合目までが一番キツい印象です。8-9合目間が傾斜的には一番キツイですが、7-8合目間の方が距離があります。
8合目にはテーブルとベンチが2組あり、休憩することができます。あと、9合目には看板ありません。頂上エリアに入る所にゲートがあります。

写真

03:20過ぎ、山頂到着。まだ暗く、結構寒かったので山小屋軒下をお借りしてコーヒー入れる。富士山・保温用に持ってきてたダウンジャケットが大活躍。
この日は日の出予想が04:39。でしたが、結果として・・・全然見えなかったです。雲海もちょびっとだけ。残念。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

余談ですが、この日は(夜間登山で)先行1組(2人)、あと4~5人は夜間に登っていたようです。世の中、変人って結構いるんだね。

写真

山頂で約2時間、プラプラしたり朝飯食べたりして過ごした後、05:30頃に下山開始。
下山中、大荷物の4人組とスレ違う。大学生の登山部っぽいかなー。挨拶がてらちょっとだけ聞いた所によると3合目でテント泊したらしい。・・・そんなの出来る場所あったんか。

写真

また、降り中にアホほど登り中の人たちとスレ違う。50人以上いたと思う。
「おはようございます~」
「もう登ってきたんですか!」
「夜に登ったんですよー」
的な会話を、たぶん5回ぐらいはしたかとw

かなりゆっくり降ったと思うけど、結果2時間半ぐらい。最後はログ止めるの、ちょっと忘れてました。
前回の伊吹山:YAMAP
旧Blog

コメント

お名前:
TOPに戻る