loading

ゴトク(バーナー)・他

2019-05-06
写真
ゴトク、ガスや鍋とかその辺のアイテム

山に登ると、まぁまぁな割合でお湯を沸かしてコーヒー飲んだりカップラーメン食べたりしている人がいる。多少慣れてくると、ああいうのが「良いなー」って思えてくる。ので、ゴトク(ナベとかを置く部分のやつ)を購入する事に。
で、のっけからアレですけどこれらのアイテムは登山用品店で店員さんに聞いて買うほうがよろしいです。
一応紹介しときますけどw

写真

まずはゴトク。これらのアイテムで一番高いと思う。私のは最も小型のヤツで6,000円強だったか?小型軽量ですが火力が弱く、1~2人分のお湯沸かすぐらいしかできません。

写真

ガス(火)が出る所。何回か使ってます。黒い突起部分を回して、ガスの噴出・ストップ・火力調整をします。突起部分を「押す」と、一応着火装置がついており、火花が出るのですが・・・
何かしらんですが、山の上ではマトモに動作しません。。家で試すと火花が散るし、壊れているワケではないようですが少し標高が上がると火花が散らなくなります。(店員さん曰く、そういうモンらしいです)
なので、着火補助用にライターかマッチを持っていくように、と言われました。
ライターの場合、同様の理由で電子式のライターでも同じ現象が起きるので古いタイプ(火打ち石のやつ?)じゃないとダメ。マッチは、まぁ何でも良いのですが防水のヤツの方が諸々考えると安全?かと。

  • 写真
    折りたたみ出来ます。先を折って、ぐるっと「寄せ」れます。
  • 写真
    こんな感じ
  • 写真
    裏側?ガスにくるくる回して取り付けます。
写真
ガスの受け口
写真

んで、ガス。このイワタニ、という所の黄色いやつがデファクトスタンダードっぽい。

これで400~500円。一人ならワンシーズンぐらいは普通にいけそう。調べてみると赤字のハイパワー、もっとデカイやつとか、この写真のやつは店頭で買ったのですが、良く見ると「温暖期用」と書いてあるので冬季はダメなんだろうなーとか色々あるようですが、使用目的に合わせて選ぶと良いと思います。

写真

で、先に話のあったマッチ。ワタシはタバコとか吸いませんし、家にライターとかないんで。Amazonで買いました。40本入/4箱で400円ちょい。そんなモンなのかどうか、よくわからんですがw
マッチはマッチなので、山頂とかで風が強いと吹き消されてしまいます。注意点はそれぐらい。

写真

続いてナベです。アウトドア用。上下セットで5,000円ぐらい。大きいのと小さいので見ての通り、小さい方がフタ的な役割をしますが単に乗っかってるだけです。特に「止める」ナニカはありません。
んでコレ、大きい方の中に、イワタニのガス250のやつがちょうどスッポリ入ります。
サイズ的な規格があるかどうかはわかりませんが、ネット上ではワカランのでコレばかりは店頭で店員さんに相談しながら買ってください。

ガスにゴトクセットして、ナベに水入れて、ちょっとガスを出してマッチで着火、ナベ乗っけて火力調整で出来上がり?
余談ですが、水はちょっと少な目ぐらいを沸かしてから「足し水」した方が早く湧くそうです。

写真

後はカップ。別に無くてもよいんだけど。snow peakって有名なブランドらしい。
コレはチタン製で300ml。ワタシはもっぱら「スティックコーヒー」ですけど、ちょうど一杯ぐらい。

写真
折り畳める。が、案外かさばるw

二重構造になってないので、思ったよか熱くなる。また、保温性もほぼないんですぐ冷めるw
と書くと結構アレだけど、夏季に山の上でお湯沸かしてすぐ飲むのならちょうどよいくらい。

店頭では1,500円ぐらいだったような気がする。

写真

最後に収納。ゴトクに袋ついてるのでマッチを一緒に入れる。

写真

ガスは、そのままナベに入れとくと「ナベの内側がガリガリになる」(傷がつく)ので、薄手の布・・・私は着なくなったTシャツを切り裂いて、適当に包んでます。

写真

で、スッポリインしてゴトクの袋のっける。

写真

あとはフタして、ナベについてた網状の巾着に入れれば完了。
私はこのまま、ザックに突っ込んでいます。
カップはどうしようもないwたまにカップをザックの外に(カラビナとかで)ぶら下げてる人がいますが、ザックって結構、そこら辺にドーンと置くので・・・自立しませんし・・・カップにすぐに土や砂が付くんですよね。ちとアレなのでザック内になんとかスペース作って入れてます。

コメント

お名前:
TOPに戻る