loading

音羽山

2019-05-30
写真
標高
593m
所要時間
約3~4時間
難易度
※筆者主観の初心者向け日帰り登山としての難易度、体力的なキツさ、危険度などの総合的な評価です。
YAMAP
実は今日誕生日なんですけどそれ理由(?)にトレーニング登山。近い所が良かったので音羽山。

音羽山は滋賀と京都(山科)の県境に位置し、住所的には山科なんだけど、山の分類では滋賀の山という。地図を見るとホンマに県境に登山道がある感じ。
旧Blog以外にも何回か登っていて、今回は1年ぶりぐらいかな?
トレーニングという意味ではホント程々の山です。
どうも大津赤十字病院の裏手の山から登れるようですが、そこ頑張ってもあまり・・・なので一番ラクなルートでw
大津と山科の峠(逢坂)付近から石山寺の方へ抜けます。最寄り駅は京阪「大谷」駅です。車の場合は京阪「びわ湖浜大津」駅近くの公共駐車場に止め、そこから2駅だけ電車に乗るのがよろしいかと思います。

写真
暗くて見辛いですが「東海自然歩道」という散策路の案内看板です。赤十字裏手の山から侵入すると、ここに出てくると推測されます。

大谷で降りて右に少し行った所に「蝉丸神社」というのがあります。百人一首のジョーカー、蝉丸・・・なんか謂れがあるんスね。この蝉丸神社の階段を上がり、本殿右横?から裏手に回って山に続く狭い道があります・・・以前は鬱蒼としまくっていて進めませんでしたが、今回は普通に進めました。

写真

ある程度進むと車道を横切る歩道橋があります。ただ山に向かうだけの歩道橋・・・普段は誰も渡らないようなw
なお、神社前の道をそのまま進み「逢坂山関址」というのと公衆トイレがある付近にこの歩道に登れる階段があります。が、メンテ用か何かの階段で、鎖で進入禁止的な感じになってます・・・普通にくぐれますけどね。
歩道橋を渡って山に入り、少し進むと左手に折れ・・・イキナリ急登階段地獄が始まりますw

写真

ある程度登るとこんな感じでイキナリ平坦になりますが、コレはトラップです。少し進むとまたコレ階段地獄です。
ログによると何やらかんやらと30~40分ぐらい(標高にすると270mぐらい)登ってますので、まぁまぁなアレです。最後の方で気づきましたが、階段にテープ貼って段数が書いてありました。全部で605段、らしいです。
階段登りきってからしばらく進むと少し開けたところで分岐。右奥に少し進んだ所が音羽山山頂です。
ちょうど県境付近なので、大津と京都が見渡せます。天気良ければ。

写真
大津側
写真
京都側

今日はなかなかええ感じでしたね。

facebookにUPしてあるのですけど動画もあります
ここまで1時間20分。登山口からでも1時間ちょい、でしょうか。430mほど登ってる計算になりますね。
1時間、ほぼほぼ登りオンリーですんで、まぁまぁキツイのですが音羽山は最初がピークです。
写真撮影程度の休憩でリスタート。
来た道戻って正面(登ってきた道から見ると分岐を左)に進みます。
なお、山頂の奥にも細っそい道があり「牛尾観音」方面に降りられますがここはほとんど人が通らないアレな道なのでお勧めはできません。。
進んでいって途中分岐がありますが迷わず左。さらに分岐が(略)左。ちょっと登って頂点でガッと左に曲がる所があり、そこにベンチが2つほどある所があります。「パノラマ台」と呼ばれているようです。

写真
こげな感じで大津方面が見えます。広角なんでアレですが、実際はもうちょい開けた感じに見えます。

ここでちょっとだけお昼休憩。なーんか、ハエとか羽虫が多くてチト後悔しました・・・。
20分くらいか休憩して再稼働。降って、少々登りますが、登りはコレが実質最後。たったか降っていくと分岐に出ます。

写真

ここも左です。右に行くと大外周り?でもう一山登る感じです。プラス1時間から1時間半くらいにはなりそう。
この分岐、しばらく平行してまた合流するのですけど、左側は真ん中あたりでさらに左に折れる分岐があります。ほぼ直角に左。

写真

ここから結構急な降り(階段)になります。降りきったら杉林の緩い下りの道になります。
ここでおっさんに追い越されましたが・・・すっげー無音で近づいてきてて、気づくと真後ろwメチャクチャびっくりした・・・。
ちなみに、平日のローカルな山にしては結構な人数とスレ違いました。

写真

沢と平行したり渡ったり。水は、まぁ綺麗そうではありますが飲むのは厳しいと思う。。。

写真

看板、暗くて見えないですけど「左が近道」と書いてあります。
この看板から少し進むと、立派なトイレが。

写真

ここでまた少し休憩。ちょっと開けているので駐車場にもなるんでしょうねー。

写真

さらにズンドコ進むと看板が。正面、立派な道ですが通行止め・・・だそうで。YAMAPの地図ルートから外れますが、今は左が正規ルートのようです。
左に曲がって少し行くと分岐がありますが、コレ多分どちらに行っても同じです。
コンクリでがっつり整備された川に出て、川沿いを降っていきます。

写真

こんな感じ。奥に橋が見えますが・・・先程の「正面の道」、たぶんあそこに出るんじゃないかなぁ。

写真

しばらく進むとこんな分岐に出ます。写真の印象よりも左の道は狭く、合ってんのか?と思いますけど看板あるしねぇ・・・。
左に曲がると貯水湖?溜池?の間を抜けるて行きます。山道はもうすぐ終わり。

写真

建物・・・ソーラーパネルが見えますねぇ。山道終了。
ここからは山間の集落~徐々に普通の街に。

写真
ヘビイチゴ、ですっけ。超絶久しぶりに見た気がする。流石に食べてませんけどw

あとは、道路をひたすら進んで・・・ルートのゴール地点にバス停があるのですが、本日はここで終了。
お帰りの場合、京阪石山寺駅まで歩くか、バスで石山(JRと京阪が一緒になったような所)まで行くと良いかと思います。

コメント

お名前:
TOPに戻る